【住宅ローン】団信について

2022-09-19

ブログ

前回まで2回連続で住宅ローン控除についてご説明しました。
今日は住宅ローンの団信について少しお伝えいたします♪
とはいえ、地域差もあるかと思いますので、今回はさらっと♪
私の住んでいる青森では
多くのお客様が住宅ローンを使う場合、選ぶ金融機関が主に3つあります。
細かい点はいっぱい違うのですが、大別すると団信は
①基本パターン
②少し手厚いパターン
③一番手厚いパターン
3つに分けられます。
①の基本パターンは死亡もしくは高度障害(両目失明や手足の欠損などその後働けないような重度のもの)になってしまった場合、住宅ローンの支払いは不要となります。
②の少し手厚いパターンはガンや脳卒中、心筋梗塞といった3大疾病と呼ばれる病気やそれに起因する一部の病気が原因で一定期間働けないような場合は住宅ローンの支払いが不要になります。
③は一番手厚いパターンです。
ほぼすべての病気やケガが原因で働けなくなってしまった場合に住宅ローンの支払いは不要になります。
「ほぼ」というのには精神疾患は含まれないことになっています。
基本的に①は金利の上乗せ無しでいけますが、それ以外は上乗せがあります。
また各金融機関でキャンペーンにより、上乗せ無しの期間もあったりするので、まずは不動産会社や金融機関に相談してみるのもOKです。
万が一のことがあった場合に、住宅ローンの支払いが不要になるので、例えば新築建売を2800万で購入し、残債が2500万ある状態でガンになってしまった場合、条件に該当すれば、残債はなかったことになるということです。
病気になったほうがお得!と言っているのではなく、備えあれば憂いなしということです♪
一般の保険会社でそのレベルの保険を組むとなると月々の負担がだいぶ大きくなると思いますが、住宅ローンの団信の場合は格安ですよ。
うまく使うことが大切ですね♪
本日は団信についてお伝えしました。
次回は中古住宅の買い方についてご説明いたします。
次回もお楽しみに♪
個別に相談をご希望の方は
nakaya-t@smile-hudosan.jp
へメールいただければと思います❗

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

017-752-1025

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ